不安を抱えた患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)が安心して・・・